つれづれ日記

田舎暮らし、カヌー、パイクカー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

発酵ライフ。

ハードオフで買った素焼きの壷
 ハードオフで買った素焼きの甕、焼酎サーバーで、焼き締め。もりのいえで、古酒の空甕に焼酎を入れておくと美味しくなると聞いて、半信半疑で試してみたら、紙パックの安物の焼酎が別物の様に美味しくなった。逆にリカーマウンテンで甕から量り売りの焼酎、ガラス瓶で保存しておくと、元の美味しかったのが普通の味になってしまう。。

紹興酒の空き甕を入手
 今度は紹興酒の5升の空き甕を入手。どぶろく作って米酢にしようかと思う。釉薬はかかってる。

古道具屋の陶器の酒瓶。
 古道具屋さんで手に入れた1升瓶。素焼きじゃないけど、どうかな?

80リットルくらいの木桶を入手
 醤油も甕か木桶で育てようと思い、70Lくらいありそうな古いのを入手。乾燥してると少し漏れるが、いっぱい入れると略、漏れないです。


データロガの改造。
 麹つくりのデータとりに温度・湿度計データロガーを入手したけど、温度センサーが麹の中に入れられないので、20kオームのリード線付きのサーミスタを購入して改造した。


オムロン温度調整器が
 麹の品温管理用に、オムロン電子温度調整器やソケット、K型熱電対を入手。これはPID制御も出来て良い。

電磁開閉器。
上記の電子温度調整器は、3Aまでで、55wの電気敷き毛布を使ってるので、今のところは要らないけど、(SSR(ソリッド・ステート・リレー)の方が良かったかもしれないけど、DC12V電源が必要なので)一応マグネット(リレー)スイッチも入手しました。 ヒーターと冷却ファンの制御を分けようと思って、簡単な温度調整器も入手。これはサーミスタも付いていて10Aくらいヒーターをつなげるのでお手軽です。





スポンサーサイト
田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 |

莚で麹つくり。

H25米麹つくり、自動麹器。1
 洞戸の味噌加工所で使った自動発酵器。こちらの構造をを参考に製作することにしました。ヒーター温度制御と冷却ファン制御は独立してます。各、温度センサーは麹材料の中に入れます。


データロガの改造。  温度制御装置がでけた
 温湿度データロガーの外部温度センサーを麹の中に入れたいので、リード線付き20kΩのサーミスタを入手して、交換しました。
 ヒーター制御は熱帯魚用を流用したのですが、なぜか動かず、、。結局、冷却ファン用の温度制御器を流用しました。因みにヒーター熱源は、電気敷き毛布です。

ムシロの水洗い。
 念の為、ガイガーカウンターで計りました。一応OK。風呂場で、ぬるま湯で洗いました。結構茶色い汁と細かい泥が出てきました。納豆菌対策に、前回作った醤油の諸味と醤油、焼酎、塩、米のとぎ汁発酵液を入れて少し漬け込みました。

醤油作り用の青大豆。
 500gの青大豆を発芽させました。28℃くらいに保温したので、1日くらいで発芽しました。 


大豆と小麦に種麹を振りかけているところ
 500g、小麦も発芽させたかったのですが、殻を削ってあるのを入手したので、発芽しませんでした。水切りしてから、フライパンで炒りました。
 発芽大豆を圧力鍋で10分ほど蒸して35度くらいに冷やしてから、小麦を混ぜて、茶漉しで種麹3gをふりかけて混ぜました。


ムシロ麹つくり2
 一番下に銀マットをしいて、エマージェンシーブランケット、ポリ袋に包んだ電気敷き毛布、莚、不織布に包んだ麹、木で空間を確保して莚を被せ、エマージェンシーブランケット、封筒型寝袋の順番です。


15時間たったところ。
 味噌・醤油用麹の場合、20℃で発酵させると、プロテアーゼが一番増えるとの実験データがあったので(  醤油製造技術の系統化調査.pdf)、20~25℃の間で温度管理することにしました。酒などのアミラーゼ重視の場合は35℃くらいの方が良さそうです。
 15時間たったところですが、見た目の変化は無いです。手入れをしました。



33時間たったところ。2
 33時間たったところ。少し変化が出てきました。手入れをしました。


56時間たったことろ。36℃まで上がってた。2
 56時間たったことろ。前回手入れから11時間くらいして様子を見ると36℃まで上がってたので、慌てて手入れをしました。24℃に落ちました。温度制御器の配線を買えて、ファンが動くようにしました。寝袋は外しておきます。


68時間で出麹になった。
 温度センサーがちゃんと麹に入ってなくて、36℃くらいまで上がっていて菌が早く回りすぎ、68時間で出麹にすることにした。緑色になるまでになると醤油がカビ臭くなるので、ちょっと早いけど終わりに。

68時間で出麹になったが均一にはなってない
 塊を崩すと、きれいに菌が回ってないところがある。今後の課題です。

H25年醤油麹テスト1回目。68時間で出麹
 温度が下がってるところが、手入れをした時です。手入れの後、湿度が下がってるのは、保温の寝袋を外して、銀シートも外して放熱し易くした為です。


H25醤油つくり。塩水に麹を入れてるところ。
 塩を半分のぬるま湯に溶かして、残り半分の水を加えて水温を下げ、出来た麹を入れました。塩化ナトリウム86%の塩を使ったので、塩化ナトリウム換算で100%になるように補正・追加してあります。(ちなみにシママースは92%です。)結構厳密に計算したので、頭がこんがらがりそうになりました。


発酵・醸造関係の本。  1936年3ヶ月で出来る速醸式自家用合成醤油の製法


 参考にした本です。
田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 |

古民家のリフォームの練習に。

811239_1335787345_79large.jpg  158円のSPF1x4板でフローリング貼って。歪があるからたいへん。奥に薪ストーブがくる。
 古民家の修理は先にして、まず、同じ敷地にある二部屋の小屋の内装をリフォームすることにした。床は根太に薄い集成材のフローリング板が乗ってるだけぽくペラペラで、おまけに部屋の真ん中に向かって傾いてる。湿気が上がるのと寒いのと安っぽい見た目を何とかする為に、1x4のSPFを木工ボンドとネジ・釘で貼った。板が反ってるので、合わせ面を鉋で集成しながら。

811239_1790974704_102large.jpg
 内壁は4mmくらいの化粧ベニヤで、ホントは石膏ボードを張ったらいいのだけど、試しにカチオンシーラーに砂を混ぜて塗った。

漆喰をミキサーで練る。  天井の漆喰2度塗り終わり。
 調合済みの漆喰は高いので、半分ほど農業用の消石灰を混ぜたり、貝化石石灰を混ぜたりテストしてみた。天井の漆喰2度塗り終わりだけど、まだ、アクが出てきてる。

sikkui.jpg  漆喰のアクのムラを塗り直すのが面倒なので、しゃぶしゃぶぬかペンキに石灰を混ぜて塗ってみた
 程ほどに、コテむらを出して塗った。アクが止まらないのと、漆喰を天井も塗ったので部屋が真っ白すぎて落ち着かないので、少しサーモンピンクのペンキを漆喰と消石灰に混ぜて、ローラーで塗った。


ケイカル板を2枚敷いて御影石の黒磨きを貼って、メジをコーキングした。  煙突を繋いで仮火入れ。
 薪ストーブは、ノルウェーのスキャン。炉台は、ケイカル板を2枚敷いて、黒磨き御影石を敷いた。メジは変性シリコンコーキングにした。煙突はシングルで、150を後ろだしで、90度曲げたところで120のして、壁出しのところで、120に106を入れて2重にしてある。外は106のシングル。


煙突のヒートシールド1  煙突のヒートシールド2
 煙突と壁との間にケイカル板をあててあるのだけど、壁とケイカル板はコの字チャンネルで縦方向に隙間を作って、天井の暖かい空気を床までファンで送りつつ、ケイカル板の冷却をしようと思う。


根尾のプレハブ、薪ストーブを設置したところ。



薪ストーブの部屋1

一応、この様な感じになった。


 









田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 |

もりのいえでロケットストーブのワークショップに酸化しますた。

ロケットストーブ16ロケットストーブ18ロケットストーブ11ロケットストーブ12ロケットストーブ13ロケットストーブ14ロケットストーブ15ロケットストーブ6ロケットストーブ7ロケットストーブ8ロケットストーブ9ロケットストーブ10ロケットストーブ1ロケットストーブ2ロケットストーブ3ロケットストーブ4ロケットストーブ5

















田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 |

さんぽ道 at豊川

811239_1190134869_161large.jpg811239_1190134812_187large.jpg811239_1190134817_70large.jpg811239_1190134836_246large.jpg811239_1190134840_171large.jpg811239_1190134865_24large.jpg811239_1190134868_173large.jpg811239_1190134845_5large.jpg811239_1190134891_136large.jpg811239_1192952925_85large.jpg811239_1192952926_73large.jpg811239_1190134782_69large.jpg811239_1190134793_176large.jpg













田舎暮らし | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。