つれづれ日記

田舎暮らし、カヌー、パイクカー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

根尾 蓮源郷プロジェクト 2

代かき1    代かき2   代かき3

手前の黄色いコンテナは、蓮。蓮は化学肥料をたっぷりやって育ててるようだ。。

金沢でマコモ水田をやっていた方がお亡くなりになったので、高山のグループの方と、金沢まで、そこの水田までマコモを取りに行った。少し分けてもらったので、根尾の蓮畑にも入れる予定です。

蓮水田も、ただの四角い形で、最初に提案した、水が流れ落ちる所からクネクネと水路を掘って、湿原を流れる小川の様にして、カヌーを浮かべて遊覧出来るようにする案はどこかにいってしまったようだ。

その奥側を5畝(150坪)耕して、代掻きした。水を張っていたのだけど、泥が深く、耕運機に鉄車輪を追加しても潜ってしまって往生した。高低差もあるのでトンボ等で何回も泥を低い所に運んだ。

20年以上まえは、牛に鋤を引かせて耕してたそうで、そのころは、牛フン、刈った草などをやったそうだ。もともと泥が深かったそうで、ここで採れた米は村で一番美味しかったそうだ。

今回、無農薬、無肥料でしたいと何度も言っていたのだけど、グループの土地所有者の方が硫安など化学肥料を撒こうといいだすので、このプロジェクトの趣旨やコンセプトがわからない状態。ビオトープ、パーマカルチャー、トランジションタウン、持続可能な農業や生活、環境保全型農業などと何回も言っているのだけどなぁ。全く気にしていないのに、蛍を増やして~NPO法人を習得して補助金を取って、、とか。何がしたいのか、何かその時思いつくままにやって村に人寄せ出来れば何でもあり?

「野原のミュージアム」 ビオトープ作り
よくこちらも手伝いに行っているのだけど、活動のコンセプトもはっきりしてるし、庭師等、プロの方が手伝いに来ているので、デザインもセンス良く技術的にもしっかりした物が出来あがってる。


あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり

51Q11.jpg

川口式自然農などがあるが、やってるところを見学にいったりしたが、除草や収量など効率が悪い感じがしたので、将来、作付面積を増やすことを考えると、上記の本の方法が良さそうなので試してみようと思う。このやりかたでコナギとヒエ対策をすれば、何とかなりそうだ。


もち米種籾の発芽
苗は、プラケースに入れて育てている。まだ1ヶ月たたないけど、ずいぶん成長した。
スポンサーサイト

田舎暮らし | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<根尾・蓮源郷の田植え | HOME | 根尾・蓮源郷 ロータス・カフェ・プロジェクト。>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-06-02 Thu 00:15 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。